ノスタルジックな時間を過ごす【前編】”COFFEE HOUSE VICTOR”ステンドグラスが印象的な喫茶店。

    こんにちは。

    WEBデザイナー兼プロ格闘家のショウイチです。

    毎回恒例の練習帰りに通る天神橋商店街の食べ物屋さん巡り。

    今回は、外観からノスタルジックな雰囲気を醸し出す喫茶店、COFFEE HOUSE VICTORへ行きました。

    喫茶 ビクター

    喫茶 ビクター

    住所 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-29
    営業時間 9:00~23:00
    9:00~23:00[日・祝]
    定休日 無休
    電話 06-6353-2899

    喫茶 ビクター は、JR天満駅から徒歩1分、天神橋商店街の中にある喫茶店です。

    中に入るとレトロな雰囲気が漂う居心地のよさそうな店内で、正面には印象的なステンドグラスがありました。

    喫茶 ビクター

    煙草を吸わない僕には驚きだったのですが、今時珍しい全席喫煙できるようです。

    僕が入った時も、ほとんどの人が煙草を吸っていたので、煙が苦手な人はやめておいたほうがいいと思います。

    店内はに2階席と半地下のような席もあり、とても広々とした作りになっていました。

    地下は隠れ家のような雰囲気、2階からは店内が見まわせるし、どの席に座っても楽しそう。

    喫茶 ビクター

    喫茶 ビクター

    僕は間をとって1階に座りました(笑)

    そして食べ物はオムカレーを注文しました。

    すぐにオムカレーが到着。

    喫茶 ビクター

    オムカレーには、福神漬けをついていました。

    ここのオムカレーはオムライスの中はケチャップではなくカレー粉で味つけしたライスとハムが入ってりました。

    喫茶 ビクター

    カレーは中辛。

    オムライスとの相性抜群でまさにオムカレー。

    少し汗ばむぐらい辛かったです。

    このオムカレーは800円。

    コーヒーをあえて注文せずに帰りました。

    理由は後編に続きます。

    それでは本日はここまで、また次回。