1発合格できるのか?国家試験ITパスポート取得に向けて

    こんにちは。

    WEBデザイナー兼プロ格闘家のショウイチです。

    先日、新年の目標でも言っていたITパスポートの勉強を開始。

    ITパスポートって何?

    そもそもITパスポートについて知らない方も多いと思います。

    ITパスポート試験とはITを利用活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験のことです。

    国家試験と聞くととても難しそうに聞こえますが、合格率は平均50%とのこと。

    最年長は83歳、最年少は8歳の小学3年生が合格。

    老若男女幅広い方が試験を受けているようです。

    概要 説明
    受験資格 なし(誰でも可)
    受験料 5,700円(税込)
    試験会場 全国47都道府県116ヶ所
    実施時期 ほぼ毎日
    (会場によって異なる)
    概要 説明
    試験形式 CBT方式(パソコンを使った試験)
    試験時間 120分
    出題数 100問
    出題形式 四肢択一式
    合格基準
    • 【条件①】
      全体で60%以上に正解する事
    • 【条件②】
      ・ストラテジ系分野
      ・マネジメント系分野
      ・テクノロジ系分野
      各分野で30%以上正解すること
    • 上記の2つの条件を両方満たすこと

    勉強方法

    僕は勉強が得意ではないので、勉強用の書籍を購入。

    購入した書籍はこちら。

    できるだけ読みやすいものを買いました。

    まずはいちばんやさしいITパスポートから読み始めます。

    ITパスポート

    タイトルの”いちばんやさしい”の題名の通り中身はとても分かりやすく、挿絵もあり解説も詳細までしてくれるので、理解しやすい内容。

    章の終わりや中間に過去問があり、勉強した内容をすぐに復習できる。

    これを読み終えるころには僕もITパスポート試験を合格できるぐらい知識がついているのだろう。

    ITパスポート

    他にもWEB上でも過去問にチャレンジもできるITパスポート試験ドットコムこんなサイトもあるみたい。

    これは自分が頑張れば確実に合格できる。

    僕は今年33歳です。

    33を迎えるまでに取得します。

    今後も勉強の経過をブログで報告していきます。

    それでは本日はここまで、また次回。